測量士・測量士補になるには・仕事内容と本音・全国の求人

測量士とは、建設・土木工事を行う土地について、位置・距離・面積を測量する仕事です。業務独占資格の国家資格となり、測量業者は資格保有者の配置が義務付けられています。測量士になるには、学校で知識や技能を修得する方法と試験に合格する方法の大きく2つが存在します。

測量士の仕事内容

測量士のイメージ

求められる役割

測量士とは、あらゆる建設・土木工事が安全で確実な工事計画となるように、測量法に則った測量計画を立てて実際に現場で測量を行う仕事です。ダムやトンネルなど社会にとって重要な工事計画も測量からはじまります。測量は工事計画の基礎となるため、測量士が担う役割はとても重要です。

測量法とは

測量の正確さと効率を高めることで測量業の健全な発達を図り、各種測量の調整や測量制度の改善発達を促すことを目的とした法律です。

測量とは

一般的な測量には建築工事における柱や壁の仕上げ位置をしるす「墨出し」など資格なしで行える測量も含まれますが、測量法における「測量」とは土地の測量です。建設・土木工事を行う土地について位置・距離・面積を測ります。測量機器には様々なものが存在しますが、大きな三脚に置かれた「トータルステーション」という機器が有名です。ヘルメットや作業服を身につけた建設関係の方が、道路上で測量機器を覗く姿はよく見る光景です。

外業と内業について

測量士の仕事には、大きく「外業」と「内業」の2つがあります。外業とは、建設・土木工事の現場で実際に測量する仕事です。野外作業となるので測量に適した時間帯や天候を選びます。早朝に出発しないと手元が暗く作業ができなくなる現場もあるので、まず外業のスケジュールを決めてから残り時間で内業を行うことが多いです。内業とは、予算管理・機器調達・測量計画・製図・測量データ分析など、デスクワーク全般を指します。近年はパソコンを使った業務が増えています。

やりがい、辛いこと

IT技術と共に進化する測量機器の取り扱いは、メカ・機械好きには魅力的でしょう。デザインも近未来的で測量機器の精度と作業効率は日々高まっています。パソコンで測量データを扱う機会が増えてきたので、パソコンが苦手な方は内業を難しく感じるかもしれません。また、山奥の工場建設など未開の地を測量することもあります。険しい坂を上るなど、体力を求められる現場もありますが、大自然の中で気持ち良く働ける現場もあり、そうした面を魅力と感じる方もいます。測量士は工事計画の基礎を作る仕事ですので、几帳面で正確なアウトプットが求められます。

測量士・測量士補になるには

測量士と測量士補

測量士の資格には、測量士と測量士補の2つがあります。いずれも測量法に基づく国家資格で、技術者として基本測量・公共測量に従事できます。測量士は測量計画を作成できますが、測量士補は測量計画を作成することができず、測量士の作成した測量計画の指示に従って測量業務を行うことになります。試験の合格率は測量士補のほうが高いですが、最初から測量士の資格を受験する人が多く、測量業の現場では測量士の方が多いです。

測量士、測量士補の資格

測量士、測量士補になるには、それぞれいずれかを満たす必要があります。

測量士補

1.文部科学大臣の認定学校で測量に関する科目を修め卒業
2.国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で1年以上、必要な専門知識および技能を修得
3.測量士補試験に合格

測量士

1.文部科学大臣の認定大学で測量に関する科目を修め卒業し、1年以上の実務経験
2.文部科学大臣の認定短期大学、高等専門学校で測量に関する科目を修め卒業、3年以上の実務経験
3.国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で1年以上、必要な専門知識および技能を修得、2年以上の実務経験
4.測量士補で、国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で必要な専門知識および技能を修得
5.測量士試験に合格

免許の登録について

測量士、測量士補になるには「資格」と「免許登録」が必要です。資格保有だけでは測量士、測量士補として認められません。資格保有者は国土地理院の「測量士及び測量士補登録に関する案内」から登録申請書をダウンロードして国土地理院総務課試験登録係に提出すると測量士としての免許が発行されます。登録免許税として測量士補は15,000円、測量士は30,000円の納付が必要となります。

測量士経験者へのインタビュー

スタンバイでは、実際に測量士として働いていた方に、「仕事のやりがい」「努力したこと」「将来性」についてインタビューを実施しました。

インタビューの対象者

  • 男性(東京都在住)
  • 実務経験年数:2年

Q1.測量士に必要な学歴(学部)は? 独学での合格は可能?

工学部を卒業することで取得できました。建築・土木学科で受講できる学科の測量に関する科目を修め、大学を卒業後、申請をすることで技術士補になることができます。その時の授業内容は、基準点測量、水準測量の実施が大半だったように感じます。

必要単位の取得に対する中間・期末試験内容は特に難しい内容ではなかった(私が通っていた大学では)ので、文部科学大臣の認定した大学または短期大学、高等専門学校、専門の養成施設で技術士補を取得することをおすすめします。独学での合格に関しては、私が勤務していた測量会社では、普通高校卒業または、専門外の大学を卒業された社員は大変苦労していました。実務ができても学科試験には、試験対策も必要になると言っていました。

Q2.測量士試験に合格するために努力したことは?

測量士試験に合格するために努力したことは地道に実務経験を積んだことです。実務経験の年数を積んだ後は、登録申請書と成績証明書、測量に関する実務の経歴証明書、そして卒業証明書が提出できれば、国土地理院から問題なく登録通知書が届くでしょう。

そういった意味では最初から「測量士になるぞ」と将来を見定め、文部科学大臣の認定した大学などに通い、測量会社で実務経験を積んだことが吉となったと思います。

とにかく、実務経験が必要な資格だと感じていますので、早い段階で測量士に興味を持った場合は、大学や専門学校などできちんと勉強することがオススメです。チャレンジを諦めずに頑張っていただきたいです。

Q3.測量士のやりがいと将来性についてどう思いますか?

PCの前でデスクワークをするだけでなく、現場で地域の人と触れ合いながら、その地域に貢献する仕事をしたいと思う人にはオススメです。また、測量士の業務は建築の仕事でも、土木の仕事でも基礎となる知識や経験だと思いますので、自分自身の能力開発をしていきたい人にはぜひ取得を目指していただきたいと思っています。

将来性に関してはテクノロジーの進化に伴い、Google MapやGoogle Earthなどの精度が非常に高く、今後このようなテクノロジーの精度が上がると、小さい測量会社は淘汰されてしまうかもしれないと思っています。AIやWebの情報、測量はビッグデータが中心になっていくと思うので、ITと測量のどちらの知識もある人は将来性を見出せると思います。

求人の給与情報から集計した測量士の年収帯

測量士 求人の年収

※スタンバイ掲載中の全求人データ(2017年6月時点)から作成

測量士の求人の給与情報から、測量士の年収帯を独自に集計しました。以上のグラフの通り、年収500万円台がもっとも多く、約24%を占めています。続いて300万円台が約21%となっています。日本人の平均年収が男性520万円、女性が276万円で男女合わせると420万円(平成27年分 民間給与実態統計調査より)ですから、測量士という職種は、平均的な給与水準よりも高い職業であるということが類推できます。

出典:
法令データ提供システム「測量法(平成二三年六月三日法律第六一号)」
公益社団法人日本測量協会「測量士・測量士補登録に関するQ&A」

トピックス

  • 建設業のバイト特集・全国の求人一覧

    日給制のところが多く、お給料を即日に受け取ることができるのが建設業の大きな魅力のひとつといえます。就業時間も定時であがれることがほとんどで、残業をすることはほとんどないと言えます。そんな建設業のバイトをしてみま...

求人一覧

【新潟県 上越市 測量士】資格不問 転勤なし 経験を活かして地元で活躍できます。

  • 会社名非公開
  • 新潟県上越市
  • 給与非掲載
  • 正社員

・測量士(補)業務全般 ・官公庁からの公共測量業務全般(基準点測量・水準測量・地形測量等各種) ・各種工事現場での丁張掛け当工事測量(道路工事・河川工事・建築基礎工事他) ・作図他測量成果等業務(C

  • キャリアインデックス 3 日前

月給35万円以上ほとんどが公共事業案件の【測量監査】土日休

  • グローバルエンジニア株式会社【設立29年】ネクスコからの案件がほとんどを占める安定企業です
  • 三重県・その他の勤務地(1)
  • 月給35万円
  • 正社員

用地測量・登記申請●年間休日123日 【具体的には】 ◆用地測量業務用地買収に関わる仕事全般◆登記書類の作成・申請業務建物表題登記・土地分筆登記等 学歴不問●測量実務の経験がある方、もしくは測量士補

  • 楽天ジョブサーチ 13 日前